活動報告

連合愛知ラジオ番組「ENJOY WORKING!!」(ZIP-FM)5/9放送

【2015.05.15】


左:中根委員、右:ケン・マスイさん


トーク中の様子


 連合愛知は、4月4日(土)10:35~10:45の10分間、ZIP-FMにてラジオ番組を開始しました。
このラジオ番組は、連合の掲げる「働くことを軸とする安心社会の実現」の一環として、新社会人や若年層労働者にむけて、働くことを一緒に考えることを目的に実施しています。

4月~6月の毎週土曜日(全13回)行われるこのラジオ番組では、ナビゲーター・ケン・マスイさんとともに、仕事に関する「ワード」をピックアップし、わかりやすく解説する「WORKING WORD」と、さまざまな職場で働いている方をスタジオに招いて仕事の楽しさ、喜び、苦労したことなどの話をする「WORKING TALK」を行います。 

第6回目となる5月9日は、「WORKING WORD」に「年金」を取り上げました。
「年金」とは、年を取ったり、何かの障害を負ってしまったり、亡くなったりと、普段の生活の安定が損なわれる事を防ぐ目的で 運営されています。

年金制度は大きく分けて、「国民年金」、「厚生年金」、「共済年金」の3種類があります。
この他、民間保険会社などで販売している「個人年金」があります。
現在、「年金」に対しては様々な問題も上がっていますが、20歳になったら「年金」に加入するのは国民の義務。
しっかりと、義務を果たしていきたいですよね。

「WORKING TALK」では、連合愛知女性委員会の中根委員(フード連合)が出演しました。
日本たばこ産業株式会社で働く中根委員。
たばこ営業の人達に対し、様々な企画の周知や依頼・問い合わせを通じ、現地での活動をサポートしていく業務を行っています。
中根委員が仕事にやりがいを感じることは、たばこの営業担当や管理職から、分かりやすい!と言われ、ちゃんとサポートが出来ているなぁと感じる時。
目先のことだけでなく、将来にわたって、この仕事の是非が問われている!と思い、モチベーションをあげているそうです。
それでも、ちょっとしたコミュニケーションエラーで意志が伝わらなかったり、誤解されることがあることから、伝え方には苦労することもあるようですね。

放送の模様は、毎回放送終了後、連合愛知ホームページへ随時掲載していきます。








ページの先頭へ戻る

  • RENGO ECO LIFE21