1月26日の午後、連合本部の要請に基づき東海ブロックとして、外国人技能実習機構名古屋事務所に対し、「外国人技能実習制度の適正な実施に関する要請」を実施した。
これは、外国人技能実習制度が長時間労働や賃金不払い、最賃を下回る低賃金等の労働関係法令違反、旅券取り上げ等の人権侵害事案などの課題が指摘されている中で、制度の適正な実施と技能実習生の保護を目的とした「外国人技能実習法」が、2017年11月1日より施行されたことを踏まえて行ったものである。
施行された「外国人技能実習法」は、監理団体・実習実施者に対する報告徴収、実地検査等の法的権限を持つ外国人技能実習機構の創設(全国13事務所・支所)をはじめ、技能実習生ごとに作成する技能実習計画を認定制にするとともに、技能実習生を受け入れる管理団体と実習実施者をそれぞれ許可制・届出制とし、人権侵害行為等の禁止および罰則規定を整備しており、まさに技能実習制度の適正化をめざしている。
厚生労働省のとりまとめによる労働基準監督署に報告があった外国人技能実習生の労災認定された死亡事案は、2014~2016年度の3年間で、計22人に上ることが1月15日に報道された。大半が事故とみられるが過労死も1人おり、政府統計で技能実習生の労災死の実態が明らかになったのは初めてであり、このことは日本の雇用者全体における労災死比率を考えれば、大きく上回っていることがわかる。
技能実習の名の下に、日本人より危険で過酷な労働を負担している現実が示されたものと受け止めるとともに、労災隠しが横行しているといわれている中で、実際の件数はさらに多い可能性も指摘したい。
さらに、ここ愛知県においても2月5日に幸田町の護岸工事で、ベトナム人の実習生が誤ってショベルカーの下敷きになり死亡するという痛ましい労災死亡事故が発生した。昨年10月の来日以降、実習生として働いているとの報道であったが、日本語での意思疎通の難しさと慣れない労働環境の中で、労働安全衛生に問題がなかったのか、事故原因の究明とともに検証が必要である。
最後に実習生の仕事は、農業・機械加工をはじめ、新たに介護が加わるなど拡大を続け、70余りの職種となっており、愛知県には約2万7千人の実習生が働いているが、改めて、安価な労働力ではなく開発途上地域への技術等の移転を図り、経済発展を担う「人づくり」に協力するという趣旨を徹底し、国際貢献としての重要な役割を果たすことを求めたい。
追加で、最近見たお薦めのレンタルDVD、「ちょっと今から仕事やめてくる」を紹介したい。ブラック企業で働く主人公が自殺まで考え、自殺寸前で助けられた青年との不思議な関係と信頼を築き、最後には会社を辞めて自分を取り戻すストリー(後は見てのお楽しみ)となっている。働き方改革が注目を集めている中で、未だにあるブラック企業を題材とした邦画として、是非、見ていただきたい。




 2018春闘がスタートしました。日本経済も回復基調が続き、特にこの中部圏内では新技術への対応などに向けた設備投資が堅調であり、2~3年は見通しが明るいといわれており、今年も活況が見込まれています。但し、個人消費が力強さを欠いており経済の本格回復には至っていません。このことは、多くの生活者が景気回復の実感がないことの表れだと言われています。連合は2014年以降、賃金の引き上げを実現してきました。賃上げによる家計の収入の増加分は、社会保険料の増加と貯蓄の増加に回っているのが実態です。

一方で確実に消費に回る働く人たちのお小遣いは、昨年は1979年の調査開始以来ワースト2位(新生銀行調査)で男性3万7428円、女性3万3951円となっており、1990年の7万7725円をピークに下落傾向が続いています。お小遣いが下落している理由は、給料が下がった、上がらないと答えている人が男女ともに4割を超えています。このことからも月例賃金、いわゆる給料を引き上げないと個人消費が伸びないことの裏付けになるのではないでしょうか。世の働く仲間のお小遣いアップのためにも賃金の引き上げに取り組まなくては!
2018春闘もガンバロー!


お小遣い使い道TOP3

2018春闘ポスター



連合愛知広報局では、会長・事務局長・副事務局長へ、今期の活動への想いなど含めインタビューを実施しました。
前回の記事に引き続き、今回は副事務局長お二人のインタビュー内容を掲載します。
ぜひ、ご覧ください。



PDFデータでご覧ください。


ファイルを開く

梅田副事務局長インタビューPDFデータ


ファイルを開く

中島副事務局長インタビューPDFデータ



連合愛知広報局では、会長・事務局長・副事務局長へ、今期の活動への想いなど含めインタビューを実施しました。
今回は、会長・事務局長のインタビュー内容を掲載します。
ぜひ、ご覧ください。



PDFデータでご覧ください。


ファイルを開く

佐々木会長インタビューPDFデータ


ファイルを開く

三島事務局長インタビューPDFデータ



 連合愛知は、1991年12月2日に「連合愛知組織内議員懇談会」を発足し、構成組織と組織内議員と連携し、連合の政策制度改善要求を地域・生活面から推進すべく、重点政策懇談会等の活動を通じて、その実現に取り組んできました。
その後、組織内議員懇談会組織や活動の在り方について、組織内議員とあらゆる角度から議論を重ねた結果、従来の連合愛知組織内議員懇談会メンバーに連合愛知推薦議員を加えた幅広い政治力の結集と政策の更なる実現力の強化を図るべく、2005年12月に『連合愛知政策推進議員懇談会』に名称を改め、再スタートを図ってきました。

今回、この一年間の活動を総括し次期の活動方針を決定するため、第13回目にあたる総会を2017年12月10日(日)名鉄ニューグランドホテルにて開催しました。
参加者は、連合愛知政策推進議員、連合愛知副会長、構成組織代表、地域協議会から総計239名の方々が出席しました。

第48回衆議院選挙において、民進党が分裂し、バラバラ感を早期に払拭し、今後にむけた基盤の姿を明確にされることを強く求めていきたいと思います。地方組織・議員が国政のように分裂しないよう、今回の活動方針の基調として、「政策推進議員懇談会の基盤を固め連合愛知と連携し、政権を担い得る政治勢力の強化と拡大にむけ、地域からその基盤づくりを進める」ことが確認されました。





 連合愛知にて、これまであまり経験したことのない広報活動を担当し感じることは、「伝える」ことと「伝わる」ことの違いです。相手が理解してもらえるために、どのような工夫が必要か勉強中です。
先日、連合本部の広報研修会に参加をさせて頂きましたが、その中で現在自分たちが取り組んでいる広報活動を分析する場面がありました。取り組んでいる活動がめざしている状態「知る」「分かる」「興味がわく」「参加する」「拡げていく」どれに当てはまるのかチェックをしていきます。この簡単な分析を行うだけでも、今の活動でどの部分が弱いのか、強化するためにどのような活動が必要なのかを理解できました。(チェック表を載せますので、試してみて下さい)
なぜ?組合員に伝わらないのだろう・・この課題に直面している組織も多いのではないかと思います。その“なぜ?”をそのままにするのではなく、しっかりと整理すること(紐解くこと)で目的を明確にし、やるべきこと(目標)が見えてくると思います。

広報活動は、紙ベースの物からWebやSNSを使用したもの、ラジオ・CMなど様々ありますが、各活動を単に行うのではなくどんな目的で、相手に“伝わる”のかを意識しながら、私自身も色んなものに挑戦していきます。
今期の目標として、連合愛知Facebookページ「いいね!」数を300まで増やしていきたいと考えていますので、お仲間含めぜひお願いします。
(ちなみに連合愛知青年委員会もFacebookページを開設しています)

連合愛知Facebookページ


広報活動分析表

連合愛知Facebookページ



 連合愛知の社会貢献活動のひとつで「世界寺子屋運動」への参画があります。
「世界寺子屋運動」とは、国際識字年(1990年)をきっかけに日本ユネスコ協会連盟によって始められた運動です。世界の読み書きのできない人々へ「学びの場=寺子屋」の普及をめざして活動おり、連合愛知は1997年から世界の識字率向上を図るなどの教育支援の一環としてこの活動に参画しています。
具体的には“書き損じはがきキャンペーン”に取り組んでいます。書き損じはがきキャンペーンのチラシを各企業、団体に配布して周知してもらいます。その後、各企業、団体で回収してもらったハガキを連合愛知で集約し、まとめて世界寺子屋運動名古屋実行委員会へ寄付しています。これまで連合愛知が贈呈した書き損じはがきは累計で約44万枚となっています。

Q:そもそも書き損じはがきって何?
A:住所を書き間違えてしまったり、汚れてしまったり、古くなってしまったものや、
余ったものでもう使用できないハガキのこと。
※ポストに入れていないハガキに限ります。


世界寺子屋運動名古屋実行委員会に目録を渡す土肥前会長

寺子屋で学ぶカンボジアの子供たち



 連合愛知へ派遣され早3ヶ月。福祉政策の仕事に携わることで、子ども・子育てのこと、障がい者のこと、介護のこと等、今まで知らなかった事柄に触れる機会をいただいた。少しずつだが、私自身の視野が広がりつつあることを実感している。そのことは、この間に1冊の本を手に取ったことからも推察できる。今回はその本を紹介したいと思う。

「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」(角川文庫/東田直樹)」
ステキな表紙絵と興味深い題名の文庫本に目が留まった。会話のできない重度の自閉症である著者が13歳の時にパソコンおよび文字盤ポインティングにより記した本で、知らなかったが世界的ベストセラーとなった話題作らしい。続巻も併せて購入した。第1章『言葉について~口から出てくる不思議な音~』を読み始めてすぐに「そうか。そういう気持ちなんだ…」と気づかされた。すると読み進めていくうちに、自閉症という障がいを個性として感じるようになっていった。著者東田直樹さんの魅力はもちろんのこと、本の帯に書かれたとおり「驚きに満ちた自閉の世界」に間違いなく引き込まれ、視界が拓けた。

社会はいろんな個性を持った人々で構成されている。私は身近な人々のことを知らないでいるよりは知っていたい。まずは少しでも相手のことを知ろうと寄り添う気持ちを持つことから始めようと思う。そんな風に考えさせられた本である。ぜひ、みなさんにお薦めしたい。




 連合大会に出席するため東京行きの新幹線に乗る。連合愛知が10月1日に開催した女性セミナーの講師としてお招きした、新幹線の車内販売で働く齋藤泉さんのことを思い出す。齋藤さんは東京―山形・新庄間の約3時間で26万円以上を売り上げた実績を持つカリスマ販売員。パート契約で3人の子育てもされている。社内販売の仕事は、多くの乗客は乗る前に買ってきているので売れなくても仕方ないとも言えるし、また販売する商品は数が少なく、入れ替わりもほとんどないため、仕事のモチベーションを維持するのも難しい。だからこそ、齋藤さんは、今日やるべきことは何か、常に考えて、考えて、考えて、それを実行に移す。今日の天気・気温ならば売れる商品は何か、お客様の服装や持ち物を観察してそのお客様がほしいと思うものは何かなど。置かれた環境に妥協して、手を抜いた仕事は絶対にしない。強い思いを持って自分にできることを考え、ひたむきに仕事と向き合う日々を積み重ねていけるところがカリスマなのだ。

人生の多くの時間を費やす仕事だからこそ、やりがいを持って働きたいと思う女性が私の周りにも増えている。齋藤さんが教えてくださったのは、仕事のやりがいも、働きやすい職場も自分でつくっていくことができるということ。制度や法律の整備に加えて「私たちが変えていく!」という思いで行動できる女性を増やしていくことも男女平等参画推進に必要ではないでしょうか。

第48回衆議院議員選挙の期日前投票が始まっています。政治に無関心でいられても、無関係でいられる人はいません。選挙に行かなければ何も変わりません。今の政治と自分の生活を改めて見つめなおし、みなさんぜひ投票に行きましょう!




 愛知県の最低賃金が10月1日より「871円」に改定されます。
この最低賃金はすべての労働者に適用されます。コンビニなど店頭に貼り出されているアルバイト求人広告の時給の金額を注意深く見てくださいね。もし、871円の最低賃金を下回っていれば、使用者は、法令違反で罰則をうけることになります。きっと、最低賃金を下回っている企業はブラック企業といわれても仕方がありません。最低賃金を下回る給料しかもらってない人がいましたら、連合愛知の労働相談センターへ連絡を下さい。連合愛知は労働全般(賃金未払い、有休が取れない、いじめを受けているなど)のさまざまな悩みに電話相談を受けています。
電話番号は、フリーダイヤル0120-154-052 “0120 いこうよ れんごうに”です。労働相談の関するお悩みは何でも相談ください。あわせて、労働組合づくりのお手伝いもしています。





ページの先頭へ戻る