活動報告

連合愛知ラジオ番組「ENJOY WORKING!!」(ZIP-FM)4/25放送

【2015.04.28】


左:森委員、右:ケン・マスイさん


トーク中の様子


 連合愛知は、4月4日(土)10:35~10:45の10分間、ZIP-FMにてラジオ番組を開始しました。
このラジオ番組は、連合の掲げる「働くことを軸とする安心社会の実現」の一環として、新社会人や若年層労働者にむけて、働くことを一緒に考えることを目的に実施しています。

4月~6月の毎週土曜日(全13回)行われるこのラジオ番組では、ナビゲーター・ケン・マスイさんとともに、仕事に関する「ワード」をピックアップし、わかりやすく解説する「WORKING WORD」と、さまざまな職場で働いている方をスタジオに招いて仕事の楽しさ、喜び、苦労したことなどの話をする「WORKING TALK」を行います。 

第4回目となる4月25日は、「WORKING WORD」に「メーデー」を取り上げました。
労働者が団結して権利を要求する日であり、世界的に毎年5月1日が「メーデー」とされています。
1886年の5月1日、アメリカの労働者達が、「8時間は労働、8時間は休息、そして残りの8時間は自分達の自由な時間の為に」というスローガンで、8時間労働制を要求して行ったストライキがきっかけとなりました。

「WORKING TALK」では、連合愛知女性委員会の森委員(JP労組)が出演しました。
郵便局の「貯金・保険」業務で、窓口での応対や後方での事務を行っている森委員。
窓口での手続きの中で、接客したお客様に顔や名前を覚えていただき、「森さん、こんにちは」「このあいだはありがとう」と声をかけてもらった時は、この仕事をやっていて良かったなぁと思うとのこと。
みなさんがよく職場で行っている「ラジオ体操」のルーツは、旧逓信省簡易保険局(現在のかんぽ生命)が制定した「国民保険体操」なんだそうで、郵便局には「郵便体操」という体操もあり、なかなか動きが楽しいのだとか。ぜひ見せていただきたいですね。

放送の模様は、毎回放送終了後、連合愛知ホームページへ随時掲載していきます。








ページの先頭へ戻る

  • RENGO ECO LIFE21